PostgreSQLを11から15にVerUP

パッケージ pgpool-II-pg11-extensions-4.3.3-1.rhel8.x86_64 には pgpool-II-pcp が必要ですが、どのプロバイダーからもインストールできません

PostgreSQLを11から15にVerUPするため、pgdg-redhat-all.repoを最新のものに差し替えて、dnf updateしたところ以下のエラーが発生しました。
[root@sub0000529529 yum.repos.d]# dnf check-update
pgpool-II-pg11-extensions.x86_64                                    4.3.3-1.rhel8                                     pgdg11

[root@sub0000529529 yum.repos.d]# dnf update エラー: 問題: パッケージ pgpool-II-pg11-extensions-4.3.3-1.rhel8.x86_64 には pgpool-II-pcp が必要ですが、どのプロバイダーからもインストールできません - パッケージ pgpool-II-pg11-extensions-4.3.3-1.rhel8.x86_64 には libpcp.so.2()(64bit) が必要ですが、どのプロバイダーからもインストールできません - パッケージの最良アップデート候補をインストールできません pgpool-II-pg11-extensions-4.1.13-1pgdg.rhel8.x86_64 - postgresql14-server が提供されません pgpool-II-pcp-4.3.2-1.rhel8.x86_64 に必要です - postgresql14-server が提供されません pgpool-II-pcp-4.3.3-1.rhel8.x86_64 に必要です (インストール不可のパッケージをスキップするには、'--skip-broken' を追加してみてください または、'--nobest' を追加して、最適候補のパッケージのみを使用しないでください)
https://erscape.livedoor.blog/archives/9819666.html と同じ案件。
[pgdg15]
name=PostgreSQL 15 for RHEL / Rocky $releasever - $basearch
baseurl=https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/15/redhat/rhel-$releasever-$basearch
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-PGDG
repo_gpgcheck = 1
exclude=pgpool*

[pgdg11]
name=PostgreSQL 11 for RHEL / Rocky $releasever - $basearch
baseurl=https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/11/redhat/rhel-$releasever-$basearch
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-PGDG
repo_gpgcheck = 1
exclude=pgpool*
として、pgdgのリポジトリからpgpoolをインストールしないようにしました。

repo_gpgcheckとは

PostgreSQLを11から15にVerUPするため、pgdg-redhat-all.repoを最新のものに差し替えたら、repo_gpgcheckというパラメータが増えてました。
$ cat pgdg-redhat-all.repo.rpmnew
(中略) [pgdg15] name=PostgreSQL 15 for RHEL / Rocky $releasever - $basearch baseurl=https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/15/redhat/rhel-$releasever-$basearch enabled=1 gpgcheck=1 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-PGDG repo_gpgcheck = 1 (中略)
$ man yum.conf
       gpgcheck
              boolean

              Whether to perform GPG signature check on packages found in this repository.  The default is False.

              This option can only be used to strengthen the active RPM security policy set with  the  %_pkgverify_level
              macro  (see  the /usr/lib/rpm/macros file for details).  That means, if the macro is set to 'signature' or
              'all' and this option is False, it will be overridden to True during DNF runtime, and a  warning  will  be
              printed.   To  squelch  the  warning, make sure this option is True for every enabled repository, and also
              enable localpkg_gpgcheck.

DeepLの訳
このリポジトリで見つかったパッケージに対して、GPG署名チェックを行うかどうか。
デフォルトは False です。

このオプションは、%_pkgverify_level マクロで設定されたアクティブな RPM セキュリティポリシーを強化するためにのみ使用できます (詳細は /usr/lib/rpm/macros ファイルを参照してください)。マクロ (詳細は /usr/lib/rpm/macros ファイルを参照) で設定されたアクティブな RPM セキュリティポリシーの強化にのみ使用できます。
つまり、マクロが 'signature' または 'all' に設定され、このオプションが False である場合 マクロが 'all' に設定され、このオプションが False の場合、DNF 実行時に True に上書きされ、警告が表示されます。が表示される。
この警告を消すには、有効なすべてのリポジトリでこのオプションが True であることを確認し、さらに localpkg_gpgcheck を有効にしてください。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
記事検索