munin

Muninのグラフが表示されない

新しく借用したサーバーの初期設定を終えた後の動作確認でMuninのグラフが表示されず404となりました。
systemctl start muninに失敗しています。
[root@local_2 munin]# systemctl status munin
● munin.service - Munin server to collect data from nodes
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/munin.service; static; vendor preset: disabled)
   Active: failed (Result: exit-code) since Sat 2020-10-17 15:55:01 JST; 3min 41s ago
     Docs: man:munin-cron(8)
  Process: 75089 ExecStart=/usr/bin/munin-cron (code=exited, status=1/FAILURE)
 Main PID: 75089 (code=exited, status=1/FAILURE)

10月 17 15:55:00 local_2 systemd[1]: Started Munin server to collect data from nodes.
10月 17 15:55:01 local_2 munin-cron[75089]: [FATAL] There is nothing to do here, since there are no nodes with any plugins.  Please refer to http://munin-monitoring.org/wiki/FAQ_no_graphs at /usr/share/munin/munin-html line 38.
10月 17 15:55:01 local_2 systemd[1]: munin.service: Main process exited, code=exited, status=1/FAILURE
10月 17 15:55:01 local_2 systemd[1]: munin.service: Failed with result 'exit-code'.
http://munin-monitoring.org/wiki/FAQ_no_graphs
を参照すると
# su - munin --shell=/bin/bash
$ /usr/share/munin/munin-update --nofork --debug
を実行して出力されるメッセージを確認する手順が書かれているので確認します。
[munin@local_2 ~]$ /usr/share/munin/munin-update --nofork --debug
2020/10/17 15:59:40 [DEBUG] Creating new lock file /var/run/munin/munin-update.lock
2020/10/17 15:59:40 [DEBUG] Creating lock : /var/run/munin/munin-update.lock succeeded
2020/10/17 15:59:40 [INFO]: Starting munin-update
2020/10/17 15:59:40 [DEBUG] Creating new lock file /var/run/munin/munin-localhost-localhost.lock
2020/10/17 15:59:40 [DEBUG] Creating lock : /var/run/munin/munin-localhost-localhost.lock succeeded
2020/10/17 15:59:40 [DEBUG] Reading state for localhost-localhost in /var/lib/munin/state-localhost-localhost.storable
2020/10/17 15:59:40 [INFO] starting work in 75694 for localhost/127.0.0.1:4949.
2020/10/17 15:59:40 [INFO] node localhost advertised itself as local_2 instead.
2020/10/17 15:59:40 TLS set to "disabled".
2020/10/17 15:59:40 [DEBUG] Negotiating capabilities
2020/10/17 15:59:40 [DEBUG] Writing to socket: "cap multigraph dirtyconfig
".
2020/10/17 15:59:40 [DEBUG] Node says /cap multigraph dirtyconfig/
2020/10/17 15:59:40 [DEBUG] Writing to socket: "list local_2
".
2020/10/17 15:59:40 [WARNING] Config node localhost listed no services for local_2, (advertised as local_2).  Please see http://munin-monitoring.org/wiki/FAQ_no_graphs for further information.
新しく設定したサーバーのホスト名は「local_2」です。
muninが監視するのは127.0.0.1(localhost)としていますが、local_2が127.0.0.1としてリストアップされていないとのことです。
http://munin-monitoring.org/wiki/FAQ_no_graphs
の手順にしたがって、/etc/hostsを修正します。
[munin@local_2 ~]$ cat /etc/hosts
127.0.0.1   localhost local_2
無事、グラフが表示されるようなりました。

[FATAL] There is nothing to do here, since there are no nodes with any plugins. Please refer to http://munin-monitoring.org/wiki/FAQ_no_graphs at /usr/share/munin/munin-html line 40

muninをverupしたら、グラフが更新されなくなりました。

[契機]
munin-node-2.0.33-1.el6.noarchからmunin-node-2.0.40-2.el6.noarchにverupしたとき

[対処]
/etc/munin/munin.confの全行がコメントアウトされているのを確認したため、muninが動くのに必要な行のコメントアウトを解除したり、書き加えたりした。

[考えたこと]
おそらくverupの際に、既存の/etc/munin/munin.confを上書きしたのかと思います。
そして、上書きしたmunin.confはすべてコメントアウトされているファイルだったのだと思います。
※思いますと書いているのは、事前の状態が分からないからです。

muninをインストールしたとき、/etc/munin/munin.confを書き換えずとも動いたので、munin-node-2.0.40-2.el6.noarchに組み込まれているmunin.confは全行がコメントアウトされている…のだと思います。
※確かめていません

yumでアップデートしている際のメッセージは
warning: /etc/httpd/conf.d/munin.conf saved as /etc/httpd/conf.d/munin.conf.rpmsave
だけでした。

[エラーメッセージ]
/var/log/munin/munin-cgi-html.log
に以下のメッセージが記録されていました。

[FATAL] There is nothing to do here, since there are no nodes with any plugins.  Please refer to http://munin-monitoring.org/wiki/FAQ_no_graphs at /usr/share/munin/munin-html line 40


記事検索